ホームブログレゴ®シリアスプレイ®で起きた奇跡

レゴ®シリアスプレイ®で起きた奇跡

作成者 : 森

上司:
「そんなに素晴らしいことを考えているのなら、
 なぜ、今まで何も教えてくれなかったのか?」

アシスタントスタッフ:
「だって今まで一度も聞かれたことが無かったでしょう?」

 

・レゴ®シリアスプレイ®のワークショップが
 なぜ、チームビルディングに有効か?

・どれくらい、ひとの人生に影響を及ぼすのか?

 

その一つの答えが、偶然にも、
このメソッドの開発過程の中で生まれたエピソードとして
語り継がれています。

本日は、公式本にも記載されているシャノン・ペインターさんの
お話をご紹介させて頂きます。

シャノンさんは、ワークショップ開発チームの
オフィスサポート業務を担当していた女性社員でした。

ある日、彼女が参加していた スタッフミーティングで突然、
開発中のレゴシリアスプレイをいますぐテストしようという
話になりました。

各メンバーにレゴプロックが手渡されて、
「このチームはどんなチームなのか?」というお題で、
このチームのアイデンティティを各自で作ることに・・・。

シャノンさんは内心、パニック状態。

何を作ればよいのか、何を語ればよいのか
まったく思いつかない。

でも、やれと言われたらやるしかない。

とにかくプロックに手を伸ばして何かを作り始めるように言われて、
手に任せて形を作ってみた。

作品を作った後は、その場にいる全員が自分の作品について
順番に一人ずつ発表。

シャノンさんは、そのとき、
逃げ出したい気持ちいっぱい。

さて、研修企画担当のみなさん。
シャノンさんがなぜ逃げ出したい気持ちだったか、
想像できますか?

シャノンさんは当時を振り返ってこう語っています。

「チームのアイデンティティについて考えなさいといわれても、
どちらかといえば単純作業のオフィスサポート要員だった私には
博士号や修士号を持った周囲の開発メンバーと自分を比べて
この人たちと一体何か共通のことはあるのかしら?
とチームについて話すなんておこがましいと感じていました」

シャノンさんは、この場に限らず、
常に「自分なんておこがましい」という気持ちで
発言を控えてきたサポートスタッフ。

ところが・・・、

シャノンさんはレゴのチカラを借りて
各メンバーがそれそれの能力を発揮しながら
輝き続けているチーム像について雄弁に語りました。

彼女は、星をメタファーにした作品を作り、
チームの素晴らしさ、メンバーの異なる個性や能力、
目標の素晴らしさについて
レゴブロックの色やカタチを用いて伝えたそうです。

<イメージ画像>

 

 

 

 

 

実は、このプロジェクトのチームメンバーは
博士号や修士号を持った優秀の集まりだったものの、
とちらかといえば個人の成果に関心が高く
チームワークや仲間について考えることは少ない傾向にありました。

 

そんな中で、シャノンさんは初めて、
メンバー一人ひとりへの深い理解と関心を
直接、全員に伝えたのです。

そして、なんと、
今度はチームメンバーからシャノンさんへ
普段、一人ひとりにきめ細かいサポートや気配りを
してくれていることへ感謝が伝えられました。

シャノンさんはメンバーが自分の仕事を
こんなにも感謝されていると初めて知りました。

 

そう、アメリカ人ですら、
内気で立場を気にして意見が言えない人がいるのです。
きっと日本人ならなおさら・・・。

また、感謝の気持ちなど、大事なことは
普段なかなか共有されずにいます。

退職当日にはじめて日頃の感謝を伝えられて
「これなら辞めなければよかった」と
感じる方も少なくありません。

レゴ®シリアスプレイ®開発者のロバートは、
当時そのトライアルの場でハッとしたそうです。

例えば、
「どうしたらチームでもっと生産性を上げて
素晴らしい製品の開発ができるか」をテーマに
チームメンバーが話し合っている時、
シャノンさんもアイディアを考え、自分の意見を持っていた。

でも、彼女はいつも黙っていた。

それは彼女の内気な性格もあるし、学歴や専門性について
常に引け目を感じていることも理由でした。

そう、シャノンさんに限らず、
このような環境下で臆してしまう人は多いし、
緊張感が高ければ、他のメンバーの顔を見て自信を持って
自分の意見を伝えることはなかなか難しいのです。

しかし、レゴ®シリアスプレイ®を試したら、
シャノンさんの驚くべき洞察や日頃思考していることを
自然な形でとても簡単に全員と共有することができた。

このインパクトはチームにとっても、
彼女自身にとってもとても大きなものになりました。

それぞれについて
アフターストーリーを見ていきましょう。

<チームへの影響>

このトライアル後、プロジェクトチームのメンバーは
お互いの想いや考え方についても、
意識を向けることで、チームワークが高まりました。

それまでは個人の成果ばかり気にしていましたが、

「どんなことにこだわりを持っているのか?」
「何を大切にしているのか? 」

その人の行動の源泉となる考え方や価値観についても
意識を向けることで、お互いのチカラを引き出し合い、
チームの雰囲気も生産性も大きく向上しました。

<シャノンさん自身への影響>

なんとシャノンさん個人も
この実験をきっかけに大きな変化が生まれました。

「このトライアルで、皆が興奮しながら私のことを称賛してくれました。
それから私は、 いつでもこの実験のことを思い出しながら
自分の居心地のいい状態から、少しだけ無理して自分を押し出すようになりました。
たった1つの出来事が私のその後を大きく変えたのです」

以前の彼女はずっと、チーム内での相互理解を促進すれば
このチームはもっといい仕事ができる、と思っていたものの
それを伝えられずにいました。
しかし、レゴ®シリアスプレイ®を通じて、
自分が勇気をもって発言することで大好きなこのチームに
大きく貢献できるかもしれないと自信を持てたのです。

自分は人に関心が高いという実感も得ました。

そして数年後、キャリア上の岐路に立ち、
彼女は、人事部での仕事に挑戦することを決意します。

彼女にとって人事業務は、未知の領域。
この判断は大きな賭け。

しかし、変わり始めた彼女は自分自身の未来に責任を持って、
自分が本当に大切にしたいこと、興味のあることで
未来を切り拓いていくんだという覚悟をしました。

その後、2008年に人事部でマネージャーに昇進。
社内のあらゆる組織で社員のパフォーマンス改善を推進する仕事に
夢中で取り組み、その後、社内の新しい組織でシニアマネージャーとなりました。

「あのたった1回のレゴシリアスプレイメソッドを
使った会議が私のキャリアを変えたのです。」

と彼女は言います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

このようにレゴ®シリアスプレイ®は
チームにも個人にも大きな変化やキッカケを与えます。

実は、私自身もレゴ®シリアスプレイ®によって
キャリアチェンジのキッカケを掴んだ一人です。

また次の機会に、今度は私のストーリーをご紹介します。