ホームブログレゴ®シリアスプレイ®研修@埼玉県さいたま市

レゴ®シリアスプレイ®研修@埼玉県さいたま市

作成者 : 森

先日、さいたま市が運営する財団が開催している
市内リーディング企業の次世代リーダー向け研修にて
「チームマネジメント」研修を行ってきました。

こちらの「チームマネジメント研修」では、
レゴシリアスプレイ×コーチングの内容を主軸に
研修構成を組んでいます。

本日、どんな研修を行っているか
その一端をご紹介します。

『まず、マネジメントについて改めて考えてみる』

マネジメントを「管理」と訳すこともありますが、
みなさんは「管理」からどのようなイメージが湧きますか?

多くの方がネガティブな印象を抱くようですが、
管理という言葉から、コントロールというイメージが湧くようです。

マネジメント=管理⇒コントロール?

・・・上記のような誤解を解消しながら、
マネジメントの本質に迫ります。

↑上記が、私自身の『管理』のイメージです。
みなさんはどんなイメージですか?

『レゴ®シリアスプレイ®の活用』

時折レゴを用いて、例えば参加者同士で
『理想のリーダー・上司』などをイメージして頂き、
意見交換していきます。

ただの議論、ポストイットやホワイトボードを
使った意見交換以上に、レゴを用いて、
ブロックを付けたり外したり、動かしたりしながら
イメージを共有していくことで共有がスムーズに進みます。

今回の参加者はモノづくり企業にお勤めの方々で、
物静かなエンジニアの方も多く、
普通の研修であればなかなか意見交換が盛り上がらない状況。

しかし、
レゴを用いて順番に発表することで、
参加者の心理的ハードルも下がり、
スムーズに意見を引き出すことができました。

少し場が温まって、お互いの距離感も縮まると
レゴを用いらない意見交換も活発になってきます。

『コーチングアプローチを学び、選択肢や対応力を拡げる』

講義では、ティーチングやトレーニング、
エンパワーメント(権限移譲)だけでなく、
コーチングというアプローチを知り、演習を多用し、
マネジメントの幅を拡げて頂く仕掛けです。

よくハリウッドのアクション映画で、
5分に一回アクションシーンや爆破シーンがあるとか、
観客を飽きさせない方法が織り込まれています。

弊社研修でも、ハリウッド映画のように
数分に一度のペースでグループワークや演習を多用し
『体験の中で学ぶ』機会を重視しています。

出来れば、理論紹介・解説⇒実践⇒振り返りではなく、
実践⇒振り返り&理論消化・解説⇒実践⇒振り返りといった
実践演習多用の流れを実現すべく、プログラムの工夫を図っています。

『もし、研修中眠くなったら、それは講師の責任。』

これが弊社の考え方です。

コーチングアプローチは、頭で理解できても
一朝一夕でマスター出来るほど、簡単ではありません。

それがゆえに、テクニックの紹介よりも
スタンスや姿勢の点検に力点を入れているのも
弊社の特徴と言えるでしょう。

なぜなら、スタンスや姿勢が整わなければ、
どんなテクニックやスキルも身につかないからです。

逆に言えば、あるべきスタンスや姿勢がイメージ出来、
そこに向けて研鑽を励めば、あとは自走できます。

テクニックやスキルの知識がなくても、
コーチングアプローチはできるのです。

参加者の声

・レゴを使って他の研修と一味も二味もちがう印象だった。
楽しかったが、終わってみると脳みそを使っていて、
結構頭が疲れた。

・効果的にレゴを用いることで、研修内容をビジュアル的に
思い出して振り返ることが出来て実践したくなる。
思考も深まるし、記憶にも定着しやすいんだなあと驚いた。

『研修後は個別コーチングフォロー』

研修後には個々人に個別フォローコーチングを行います。

これを実施する目的はいくつかあるのですが、
研修後の実践状況の把握や疑問解消、行動促進とともに
見本を体感して頂き、良いイメージ・理想像を持って
研鑽に励んで頂くことを大切にしています。

やりっ放しの研修から脱却し、研修後のフォローまでを
丁寧に実施することで、参加者の実践を最大限サポートします。