ホームブログ

カテゴリー: ブログ

レゴ®シリアスプレイ®研修で使う専用キットとは?

活躍しているレゴ®シリアスプレイ®認定ファシリテーターほど、
必要に迫られて沢山のレゴブロック(=研修資材)を持っています。
もちろん、弊社も特大衣装ケース数箱分のレゴを保有しています。

山盛りのレゴを見た研修参加者の方からよくご質問を頂くのですが、
公式にレゴ®シリアスプレイ®専用キットなるものが存在します。

しかも、なんと日本未発売(涙)。。

本日はそんなレゴ®シリアスプレイ®専用キットの販売の実情や種類、
調達方法にまつわるお話を紹介します。


1.専用キットとは
2.専用キットの販売の実情
3.専用キットの種類
4.専用キットの調達方法


1.専用キットとは

元々、レゴ社にて開発された レゴ®シリアスプレイ®メソッド。
当初はレゴ社のビジネスのひとつとして位置づけられてきました。

そして、効果的な研修・ワークショップの運営のために、
数あるブロックの中から選りすぐりで専用キットを構成しました。

その後、2010年5月にレゴ社のポリシー変更があり、
ファシリテーター認定をレゴ社から、
ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ社(※)に移管が決定。

※レゴ®シリアスプレイ®開発者が独立して立ち上げた会社。
そんな経緯もあり、レゴ®シリアスプレイ®には、商標の®が2つついています。

しかしながら、ポリシー変更後も、
レゴ社はメソッド自体の質と専用キットの供給に責任を持つと約束し、
現在もレゴ®シリアスプレイ®専用キットを公式に販売しています。

極論すると、専用キットを使わずとも
研修・ワークショップの運営は出来なくもないのですが、
ただ、場数を踏めば踏むほど、
「なるほど確かに考え抜かれたパール構成だな」
と感心してしまうのが専用キットなのです。

そんな専用キットは、研修・ワークショップの目的や内容によって
使い分けが出来るように、いくつかの商品に分かれています。

 

2.専用キットの販売の実情

レゴ®シリアスプレイ®専用キットが公式販売されているものの
それはあくまで海外でのお話。

悲しいことに、2020年6月現在 日本では未発売(涙)。
理由は、レゴ社の公式オンラインショップが
日本でまだサービスを開始していないから。

しかしながら認定ファシリテーターは
自分たちで専用キットを揃えなければなりません。
そのため、共同購買や個人輸入にて専用キットを調達しています。

 

3.専用キットの種類

それでは、続いて、
レゴ®シリアスプレイ®専用キットをご紹介します。

※今回は、米国地域の公式サイトを参考にしています。

(1).SERIOUS PLAY®Window Exploration Bag
Price$484.99

こちらが最小部品数(46部品)のキットです。
え、それでも$484.99と思うところですが、
ご安心ください、100セット入りです。

よく、研修・ワークショップの冒頭で
お一人1セットお配りしてウォーミングアップ行います。

しかしながら実は、このキットだけでも
十分、研修やワークショップが成立するポテンシャルがあります。

ポイントは、同じ種類、同じ数のレゴ部品が入っている点です。

研修後片づけをしている際、
最後の最後に床に落ちた部品を見つけ、
どのセットが欠けているか分からなくなったときは、
絶望的な気分になります。笑

なお、私は定期的に子どもたちと遊びがてら、
検品チェックを行っています。

 

(2).SERIOUS PLAY®Starter Kit
Price$36.99

こちらは一人用のセット(219部品)で$36.99です。
5人で行うワークショップならば、×人数分が必要です。

非常に充実した構成で、参加者は部品数の制約を感じずに
伸び伸びと作品作りが出来ます。

しかしながら、Window Exploration Bagとともに、
同じ種類、同じ数のレゴ部品が入っているため、
他人のキットと混ざると取り返しがつかないことになります(涙)

ゆえに、このキットで作った作品で
共有モデルを作ることは出来ません。

 

(3).SERIOUS PLAY®Identity and Landscape Kit
Price$789.99

こちらは、本格キット(2631部品)となっており、
複数人で一緒に使うことが出来ます。

様々なサイズの平板パーツもついており、
一番大きなサイズのもの(灰色)も1枚付いています。

これらを使って共有モデル製作もでき、
ウォーミングアップ後の本格的なワークはおよそ対応できる構成です。

 

(4).SERIOUS PLAY®Connections Kit
Price$754.99

こちらは「コネクション」という商品名の通り
繋ぎ合わせるための部品が揃ったキットです(2455部品)。

実は、参加者全員で共有モデルというモノを作ったあと、
さらに作品を付け足していき、作品感をつなぎ合わせ、
実際にレゴ作品を動かすことで、
課題や要素を分析したりシュミレーションできます。

作品感をつなぎ合わせることで、影響関係が可視化され、
机上では到底できないような議論やシュミレーションが可能になるのです。

ただ、実際の研修・ワークショップでこのプロセスまで
辿り着くには非常に時間を要するため、省略されるケースも多いです。

 

4.専用キットの調達方法

前述の通り、海外販売のみのため、
調達する手段は、①共同購入するか、②個人輸入するか、です。

特に、Window Exploration Bagは100個セットとなっており、
「100個も要らんがな」と言う方も多いと思いますので、
ファシリテーター仲間で共同購入するのがおススメです。

方法として、上記2つ以外に輸入代理店に頼む方法もありますが、
最近では簡単に個人輸入も出来ますので、ぜひチャレンジしてみてください。

googleで「個人輸入」と検索すれば、個人輸入をサポートしてくれる業者が
いくつか出てきますし、業者の比較サイトもあります。

レゴの場合、米国以外に欧州などでもオンラインショップがありますので
時々の為替状況と手数料や送料、そしてリードタイムを調べて、
最適な方法を選択されるといいと思います。

もちろん、送料や関税、手数料がかかるので、販売価格プラスαとなり、
「レゴって定価でも高いのに・・・」という気持ちはわきますが、
そこはもう、グッと飲み込むしかないです。苦笑

以上、ご参考になると幸いです。

レゴ®シリアスプレイ®_講師・ファシリテーターの選び方

レゴ®シリアスプレイ®研修・ワークショップは
認定ファシリテーター(講師)が運営することを義務付けています。

認定ファシリテーターは年々増え続けていますが
実はそれぞれに特色があります。

今回は、認定ファシリテーター(講師)の選び方に加えて
認定制度や認定機関をご紹介します。


-目次-

1.そもそも認定ファシリテーターとは?
2.資格取得方法(費用・期間など)について
3.どんな人が資格取得してるのか?
4.資格があれば稼げるのか?
5.認定ファシリテーター・講師の選び方(&注意点)


1.そもそも認定ファシリテーターとは?

認定ファシリテーターは、いわゆる民間資格です。
日本では、(株)ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツが行っている
ファシリテーター養成トレーニングを受講することで、
認定ファシリテーターを名乗ることが出来ます。

一見すると、 レゴ®シリアスプレイ®は
レゴブロックさえ揃えれば、誰にも研修・ワークショップの
運営が出来そうに見えるのも事実です。
実際、大手研修会社ですらこのような思い込み・勘違いを
しているところがあります。

しかし、別の記事で記載している通り、
様々な教育・心理学の理論を組み込んでいるメソッドです。

バックグラウンドをきちんと理解し、
正しい手順で進めていかないと
効果的な研修・ワークショップの運営は出来ません。

それゆえに、
一般の認定ファシリテーターがメソッドを他者に伝え、
育成・指導したり、監修というカタチで、当日運営を行わずに
他者に任せると言った対応はすべて厳禁となっています。

なお、専用キットを販売・供給するレゴ社も下記の声明を出しています。
「レゴ®シリアスプレイ®はファシリテーションを必要とするメソッドであり
トレーニングを受けたファシリテータに専門的なサービスを依頼することを推奨する」

 

 

 

 

 

 

 

 

2.資格取得方法

日本では、(株)ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツが
定期的に、ファシリテーター養成トレーニングを開催しています。

ちなみに、ロバート・ラスムセンはレゴ®シリアスプレイ®創始者のお名前です。

<養成トレーニング概要>
・トレーニング期間:4日間 (連続参加が必須)
・正規料金    :385,500円 (+ 10%消費税) = 総額 424,050円
早期割引適応料金:348,000円(+10%消費税) = 総額382,800円
※ちなみに為替の変動により改訂する場合ありです。
・定員      :14名
・詳細      :http://www.seriousplay.jp

費用が高いと思うかどうかは人それぞれだと思いますが、
注意点としては、これはあくまで資格取得費用である、と言う点です。

資格を取っただけでは研修・ワークショップの運営が出来ず、
これに加えて専用キットの購入が必要になります。

専用キットについては、別記事でまた説明したいと思います。

余談ですが、最近では養成トレーニング受講希望者が多く、
受付開始数分で締め切りとなることも多いようです。

私の知人には何度か申込締切りで機会を逃し、
受付開始時間の数分前から会社のトイレにこもって、
開始同時に申し込んでやっと受講できた、と言う方もいます。

 

 

3.どんな人が資格取得してるのか?

受講後に、研修講師として活躍の幅を広げたい方、
社内で同僚に向けて提供しようと思っている方、
学校教育関係で活かす方など、受講者は本当に様々です。

これはあくまで主観ですが、多くの人が
「実際に体験してみて楽しかったから、
自分も研修・ワークショップを提供する側になりたいと思った」
という想いをキッカケに、養成トレーニングを受講しているようです。

実際に私自身、コーチング仲間のワークショップで初めて
レゴ®シリアスプレイ®を体験し、そこでキャリアチェンジの
キッカケを掴み、認定ファシリテーターにも興味を持ちました。

そして、私のワークショップを経験した方で、私と同じように
魅力に憑りつかれ(?)、認定ファシリテーターになった方は、既に10名以上います。

認定ファシリテーターを志す方の属性はさまざまです。

私が養成トレーニングを受講した際も、
学校の先生から、会社員、独立コンサルタント、研修講師等、
様々な方々が集まっていました。

私は2016年5月に受講しましたが、一緒に受講した仲間の中には、
SDGsと絡めてレゴ®シリアスプレイ®を提供している方や
ファシリテーションに関する書籍を執筆した方など、
皆様ご活躍されていて、養成トレーニング同期との出会いもとても貴重でした。

 

 

 

 

 

 

4.資格があれば稼げるのか?

養成トレーニング受講料がそれなりの金額ですので、
研修・ワークショップのお仕事を考えている方にとっては、
非常に大事なところですね。

しかしながら、私の答えは、NOです。

これは私が周囲を見たときの実感値です。
受講料(自己投資)を回収できている人は30%未満
しっかり稼いでいる人は5%以下だと思います。

しかし、資格として見ると、特別おかしなことではありません。

私はレゴ®シリアスプレイ®認定ファシリテーター以外に、
中小企業診断士やコーチングの資格を持っていますが、
どの資格も共通して、「資格を持っていれば仕事がもらえる」ことは
ほぼありません。

「コーチングできます」「レゴ研修できます」と言うだけでは
何一つクライアントの課題解決にならないからです。

一方で、レゴ®シリアスプレイ®研修はあくまでメソッド・手段なので、
まだ多くの活用法が眠っており、どんなふうに生かすかを明確にしたり、
他者(他社)との差別化ができると仕事に繋げやすいとも言えます。

 

 

 

 

 

 

5.認定ファシリテーター・講師の選び方(&注意点)

年々認定ファシリテーターの数は増え続けています。

しかし、アクティブに行っている人と、
現場から遠ざかっている人に大きく分かれます。

認定ファシリテーターの有資格者は
一定の知識・ノウハウを有していますが、
現実としては4日間のトレーニングに加えて、
実践の場で学び、研鑽される要素も重要になってきます。

レゴ®シリアスプレイ®研修の場合、
少しの言い回しの違い、伝えるタイミングの違いでも
研修効果に大きな影響が生じるため、ファシリテーションスキルは必須です。

また、研修中の問いかけや質疑の中で気づきを引き出していくために、
コーチングの発問スキルや傾聴スキルも重要になります。

上記の内容は、4日間のトレーニング以外で
自己研鑽が必要な部分であり、実践・実績が大きく影響します。

また、場数・現場経験数で差が生まれるのは、
当日運営だけでなく、事前の研修設計場面でも言えることです。

レゴ®シリアスプレイ®研修の場合、
多くはオーダーメイド研修になり、ご要望に応じて研修設計します。

その際、企業や組織の研修担当者様の意図や目的を理解し、
人数や研修時間、会場の制約などを加味したうえで、
最適な研修設計ができるか、という点はかなり見過ごされがちです。

経験や実績があればこそ、研修終了後の到達点・期待値についても
研修企画担当者様とすり合わせることができます。

ゆえに、大手研修会社や企業名で選ぶよりも、
ファシリテーター個人の資質で選ばれることが重要かもしれません。

活躍しているファシリテーターはそれぞれ特色を持っており
横のつながりや連携もあります。

例えば、SDGsと絡めた研修・ワークショップであれば、
クライアント様のご要望を伺った上で、私より彼の方が適任だと思えば
自分で囲い込まずにお繋ぎすることもします。

どれだけ親身に相談対応してくれるかが大事な一方、
何でもかんでも「出来ます」と言わない、という点も実は大事な要素だと思います。

HPなどでよく実績を見極め、
迷ったらまずは相談してみることをおススメします。

マンネリ・不評の労働組合研修も一変!NASA採用レゴ研修

我々自身、「労働組合とレゴ®シリアスプレイ®研修がこんなに相性がいいとは?!」と、
当初は驚きだったのですが、おかげさまで好評を頂き、
先進的で志の高い労働組合の方々からお声がけを頂くケースが増えています。

労働組合にはどうしても「近寄りがたい」「お堅い」「旧態依然」「面倒臭そう」
といったイメージがつきまとうものですが、
レゴ®シリアスプレイ®研修でメンバー間の距離を縮めつつ、
普段なら身構えてしまうような堅い議論も楽しく盛り上げることが出来ます。

 

「組合活動を活性化させたい」、
「組合執行部の変革姿勢や意気込みを組合員の方々に伝えたい」、
「みんなで積極的な議論を交わしたい」、etc、
そんな意欲持った組合の方々に導入検討をして頂くケースがとても多いです。

さて今回はデンソー労働組合様の事例をご紹介しつつ、
「労働組合で実際にどうやってレゴ®シリアスプレイ®研修を導入しているか?」
という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

■この記事のポイント

・労働組合研修の始まりは、アシスタントの方向け研修。そこから拡大!
・そして、100人規模の大研修で「意識変革」にチャレンジ!

 

 

1.「組合幹部の人たちにもぜひやってほしい」

 

 

 

 

最初にお声がけを頂いたのは、労働組合で働くアシスタント(一般職)の方向けの研修依頼でした。

「レゴを用いたユニークな研修ネタがある」ということで、研修企画に悩んでいたご担当者の方より
デンソー出身だった私にご相談を頂きました。

ただ、企業にもよると思いますが、元社員だからと易々と発注して頂けるわけでもなく(むしろその逆)、
実際にデモや研修案をプレゼンして、組合内で検討・承認のプロセスを経て、ご発注頂きました。

当日は1日研修。
レゴ®シリアスプレイ®の効果を高めるために、コーチングの知識もお伝えしながら
研修を進めていきました。

コーチングの内容を組み入れた理由は、レゴ®シリアスプレイ®でも、
「質問」の精度が重要となるからです。
また、業務の中で組合員の方の相談にのる場面も多いということで、
「傾聴」のスキルが今後役立つのではないかという見立てでした。

研修当日の感想アンケートとして、以下のようなお声を頂きましたが、
研修後の懇親会では「この研修は、組合幹部の人たちにもぜひやってみてほしい」
という声が挙がったそうです。

こういったお声のおかげで次のリピート発注に繋がっていきました。

<参加者の感想>

・レゴのワークショップでは話すつもりのなかったことまで
つい話している自分がいました。
また、初めて会ったみなさんともいろいろお話することができ、
レゴのようなツールを介在させるとコミュニケーションがスムーズになると思いました。

・あっという間の1日で、楽しく研修をうけることができた。
コーチングについては、非常に興味深く、もっと詳しく聞きたかった。
LEGO研修については、グループ内の他者の意見や考えをじっくり聞くことができて、
今まで気づかなかった一面も発見でき、良い機会であった。
自分だけでは発想できない観点から考えている人もいて、
物の見方の違いや広さに感心することが多かった。

・相談者等の対応時に、接し方によって、相手がいかに話しやすく、
自分の思いや気持ちを打ち明けられるようになるか!またこちらも、
相手から導き出すことが出来るか!席の位置や相槌の仕方、
また、受け止め、受け入れる姿勢での対応の必要性に気づかされました。

 

 

2.「受け身の組合活動から、変革のうねりを起せないだろうか?」

 

 

 

 

 

 

レゴ®シリアスプレイ®はご紹介やリピート発注がとても多いのですが、
年度内で2度目の発注を頂き、正直驚きました。

しかも、それは100人規模かつ重要な位置づけの研修

参加者は、組合活動専従の執行部の方と、
普段通常業務を行いながら時間外で組合活動を行い、各職場を取りまとめるリーダー層の方々。

デンソー労働組合様が抱えている課題として、
「自動車業界全体が大きな変革期に入っている中で、
働く従業員自身が変革のうねりを起していかなければ、
自分たちの会社の競争力を保つことはできない。一人ひとりの変革の意識を高めたい」
というお話を伺っていました。

一方で、従来研修では、
模造紙とポストイットで「組合活動のありたい姿」について議論を行う、
著名人の講演を聞く、というケースが多く、なかなか主体性を引き出すことは難しかったようです。

研修企画者の方からは、
「参加者の方々に、組合活動に参画する意義を感じ、意識を高めてほしいものの、
どうしても受け身の方が多い。じぶんゴト化して、前のめりになってもらうことは出来ないだろうか」
というご相談を頂いていました。

研修を成功させ、ご期待に応えるためには、『参加者のスイッチはどこか?』を
出来る限り見立てて、研修プログラムを組み立てることが重要です。

企業風土、働く方の雰囲気・大事にしていること、そういった要素を洗い出し、
参加者を思い描く中で、どういったアプローチが最適化を考えます。

この研修では、最終的に「会社に対する誇り」と
「次世代にバトンをつなぐ」をキーワードに設定しました。

特に「「次世代にバトンをつなぐ」については、部下・後輩育成に熱心に社風に加え、
「他人のためならば、人一倍頑張れる」気風の社員の方が多いという見立てによるものです。

これらは研修企画担当者の方と打ち合わせを重ねながら見いだし、
そして実際のプログラムでどのようなワークを行うか具体化していきました。

また、「べき論」や「正論」「大上段からの問いかけ」を控えて
参加者がじぶんゴト化できる発問を用意し、
みなさんが前のめりになって取り組める内容を目指しました。

当日は、半日研修。
大規模となるため、ファシリテーターは2名で対応しました。

参加者は工場の現場経験が長い方から、
本社のエンジニアの方まで、多種多様。
ただ一様に、当初「レゴ?」という表情でした。

しかし、研修が始まると皆さん前のめりになって
楽しそうにレゴを用いて議論を行い、白熱した様子。

年齢層は高めでしたが、みなさん夢中で
取り組んで下さいました。

<参加者の感想>

・もう少し時間をかけてしっかり吸収したい。会社内仲間に広げたいと思う内容でした

・形に表せとよく言われるが、レゴで見せるとまた違う見え方が有ると感じた。

・今までにない内容で楽しく出来た。※自己の考え方にプラスできる内容だった

・今までにない、頭を使った研修で非常に良かった。見た目と人の考えは色々とあり、言葉ではあらわせない物が出せた。

 

残念ながら、アンケート評価を低くつけられた方も
いらっしゃったのですが、よくよく見るとなんと、

「研修の時間が足りなかった(=もっと長くじっくり研修に取り組みたかった)」

といったお声でした。

私たちからすると、ある種「最高評価」ともいえる内容で、大変有難く感じました。

その後の懇親会でも「過去一番良い組合研修だった」という声が多数出たというお話を頂き、
お役に立ててとても安堵しました。

変革や新風を巻き起こそうと思ったとき、
何かわかりやすく姿勢が伝わるといいですし、
関係者を巻き込めたら最高だと思います。

レゴ®シリアスプレイ®をもちいた組合研修ならば、
どうしてもメンバーと距離感が縮めらず
悩んでいる中核メンバーの方々に、きっと貢献できると考えます。

今回の事例でも、「組合執行部自身が新しい取り組みにチャレンジし、変わろうとしている」
という姿勢をレゴ®シリアスプレイ®の導入によって、体現できたのではないかと考えています。