ホーム

タグ: コーチング

『2つのコーチング・ゲーム』~レゴ®シリアスプレイ®とPoints of You ®~

レゴ®シリアスプレイ®とPoints of You ®は大括りで
『コーチング・ゲーム』と呼ばれることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

『コーチング・ゲーム』とは一体何か?

明確な定義は無いのでしょうが、
『コーチングのスキルや要素を交えて“楽しく(フロー状態)”参加者の気づきや
 潜在意識を引き出そうとする研修・ワークショップ手法』
という理解でおよそ良いかと思います。

コーチングが通常1対1の対話(会話)であるのに対し、
コーチング・ゲームは1対多にアプローチ出来、
同じ時間でより多くの方にサービス提供できます。

一度に、より効果的に、より効率的に、より多くの人に
コーチング効果を実感して頂くために、
便利なツール(レゴブロックやカード)を活用する試みとも言えます。

実際、コーチングの資格を持っている方が
レゴ®シリアスプレイ®やPoints of You ®の資格を取得することも多く
コーチングスクールなどで頻繁に体験イベントが開催されています。

どちらかと言えば、
視覚的に優れ、美しいものに惹かれる女性がPoints of You ®に興味を持ちやすく、
「子ども時代によく遊んだ」という男性がはしゃぎやすいレゴ®シリアスプレイ®

しかし、どちらも始めてみると、男女関係なく熱中でき、
気づきや学びを引き出す効果の高いツールです。

 

 

本日は、Points of You ®と LEGO® SERIOUS PLAY®の
大まかなそれぞれの特徴をご紹介したいと思います。

※Points of You ®の説明文はアドバンストレーナーのかざまなほこさんに
監修頂きました。かざまさん、ありがとうございます!

 

 

■Points of You ®

 

 

 

 

 

 

 

<特徴>

Points of You ®は「コーチングゲーム」「パンクタム」「FACES」などのラインナップがあり、
新鮮な創造力を持ち込むことのできるツールです。

主力ツールである「コーチングゲーム」は、全部で65枚の写真カードを用います。
どれもセンスが溢れた写真が使われており、まず視覚的に楽しめます。

これらの写真は、あえて全体像が見えない構図や、状況が読めないなど、
情報が不十分な内容となっており、テイストやモチーフが統一されていません。

それゆえに、人によって意味付けや解釈に大きな幅が生まれるようになっています。
カードに記載された言葉も同様に、
人によって捉え方が大きくばらけるような曖昧なメッセージが書かれています。

Points of You ®の興味深い点は、基本的なメソッドはあるものの、
多様にアレンジしてファシリテーターがオリジナルのワークを作り、
どんどん活用方法が拡がっている点です。

完成形ではなく、みんなで日々進化させていこうというオープンソースのような形になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<内容>

基本的な流れは、ファシリテーターの「問い」に対して、
参加者がカードを選び、思考の拡散→洞察→収束気づき→アクションプラン
という流れになります。

1対多だけでなく、1対1のコーチングセッションや
セルフコーチングに用いることもできます。

一度写真(非言語)を使って考えてから、
言語化することで、心の奥底に隠れていた価値観や想いが言葉になります。

写真に含まれるたくさんの曖昧な要素があなたの潜在意識と結びつき、
新たな気づきが得られ、行動へのコミットが得られるのです。

部品数と組み合わせのバリエーションが豊富なレゴ®シリアスプレイ®に対し、
Points of You®︎は限られた状況下でどのような思考の拡散と洞察をするかに重点を置いた、
いかにもイスラエル発祥らしい特徴と言えるかもしれません。

また、どんなカードを選ぶのか、そのカードをどう捉え、
どのような意味づけを行うか?
人によって視点や解釈が違うことを知り、
他者との違いを積極的に活用するメリットを理解し、メンバーと影響しあったり、
協力しあったりするなかで、チームビルディングを行うこともできます。

 

■レゴ®シリアスプレイ®

 

 

 

 

 

 

<特徴>

ファシリテーターが提示する、
適度に“抽象的でイマジネーションが働きやすいお題”をもとに、
参加者がレゴの作品を作り、後付けの作品説明や質疑を行う中で
自分自身の潜在意識を引き出していきます。

「言語化や思考整理を行う前に、何かを選択し、後から意味づけしていく」
というアプローチは、Points of You ®と同じであり、そのツールがレゴブロックなのか、
写真カードなのか、という点が大まかな違いです。

ビジュアル的な訴求力はPoints of You ®が優れいてる一方、
部品数と組み合わせのバリエーションからレゴ®シリアスプレイ®の方が
創造的であるといえるかもしれません(あくまで個人的な感覚です)。

実際の研究からも、作品作りなどで手を動かす場面が多く、
レゴを用いることで脳の活性化に繋がると言われています。

 

 

 

 

 

<内容>

上述の通り、レゴ®シリアスプレイ®もファシリテーターのお題に合わせて、
作品作りに取り組むという流れです。

作品作り自体は、取り組み始めると誰もが熱中しますが、
大事なことは作品を作った後に、その作品にどんな意味付けを行うかです。

何となく使った赤色のブロックについても、
「なぜそこに赤を使ったのか?」と問われれば、必ず答えなければならず、
そういったやりとりの中で、思いがけない気づきや価値観がぽろりと出てきて、
本人も周りもびっくり!という場面があります。

>>詳しくは、レゴ®シリアスプレイ®とは?の記事をご覧ください。

まとめ

以上、ざっくりですが
本日は2つのコーチング・ゲームについてお伝えさせて頂きました。

繰り返しになりますが、
共通点は、カードやレゴを使って気づきや学び、潜在意識を引き出そうというアプローチです。

「どうにもやる気や主体性が引き出せない」というお悩みを抱えている方、
「もっとメンバーの意見や考えをオープンにして議論したい」とお考えの方、
まずはぜひご体験をどうぞ!

<この記事の監修>
合同会社ダブルピース代表
かざまなほこさん
https://n-breeze.com/
⇒かざまさん、有難うございました!

パーソナルコーチングについて

当HPは LEGO® SERIOUS PLAY®ワークショップの
紹介をメインとしていますが、
サービスラインナップの一つとして
パーソナルコーチングもご用意しています。

私のクライアントの方の多くは、
30-40代のビジネスパーソンです。

士業、起業家、企業人、属性は様々ですが
傍から見れば大活躍に見える方も、
・日々の思考整理をしたい
・少し先の将来のビジョンを描きたい
と言った理由でセッションをご利用頂いています。

詳細は、GCS(銀座コーチングスクール)の
コーチ紹介ページや別ブログをご参照ください。

料金:150,000円/6回(3ヶ月・2回/月)

GCSコーチ紹介サイト
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1512NY1299

潜在意識から、イノベーションチャンスやビジネスプランを具体化する  ~LEGO® SERIOUS PLAY® ~

今話題のweworkさんとGCSのコラボイベントに
講師としてお招きいただきました。

weworkさんの会員か、GCSのクラスA受講者以上という
参加社限定イベントにイベントになりますが、
ご興味がある人はぜひご参加ください!

GCS HP:https://www.ginza-coach.com/schedule/special/gcs/20190530post_10760.html

wework HP : https://www.wework.com/ja-JP/buildings/jimbocho–tokyo

詳細:GCS HP

参加イベント 【本部主催】 潜在意識から、イノベーションチャンスやビジネスプランを具体化する  ~LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドを活用したワークショップ ~
会場 wework 神保町
101-0051東京都千代田区神田神保町2-11-15住友商事神保町ビル2階[地図]
日時 5/30(木)18:30-20:00
参加費 4320円