ホーム

タグ: ワークショップ

レゴ®シリアスプレイ®研修事例【労働組合様】

我々自身、「労働組合とレゴ®シリアスプレイ®研修がこんなに相性がいいとは?!」と、
当初は驚きだったのですが、おかげさまで好評を頂き、
先進的で志の高い労働組合の方々からお声がけを頂くケースが増えています。

労働組合にはどうしても「近寄りがたい」「お堅い」「旧態依然」「面倒臭そう」
といったイメージがつきまとうものですが、
レゴ®シリアスプレイ®研修でメンバー間の距離を縮めつつ、
普段なら身構えてしまうような堅い議論も楽しく盛り上げることが出来ます。

 

「組合活動を活性化させたい」、
「組合執行部の変革姿勢や意気込みを組合員の方々に伝えたい」、
「みんなで積極的な議論を交わしたい」、etc、
そんな意欲持った組合の方々に導入検討をして頂くケースがとても多いです。

さて今回はデンソー労働組合様の事例をご紹介しつつ、
「労働組合で実際にどうやってレゴ®シリアスプレイ®研修を導入しているか?」
という疑問にお答えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

■この記事のポイント

・労働組合研修の始まりは、アシスタントの方向け研修。そこから拡大!
・そして、100人規模の大研修で「意識変革」にチャレンジ!

 

 

1.「組合幹部の人たちにもぜひやってほしい」

 

 

 

 

最初にお声がけを頂いたのは、労働組合で働くアシスタント(一般職)の方向けの研修依頼でした。

「レゴを用いたユニークな研修ネタがある」ということで、研修企画に悩んでいたご担当者の方より
デンソー出身だった私にご相談を頂きました。

ただ、企業にもよると思いますが、元社員だからと易々と発注して頂けるわけでもなく(むしろその逆)、
実際にデモや研修案をプレゼンして、組合内で検討・承認のプロセスを経て、ご発注頂きました。

当日は1日研修。
レゴ®シリアスプレイ®の効果を高めるために、コーチングの知識もお伝えしながら
研修を進めていきました。

コーチングの内容を組み入れた理由は、レゴ®シリアスプレイ®でも、
「質問」の精度が重要となるからです。
また、業務の中で組合員の方の相談にのる場面も多いということで、
「傾聴」のスキルが今後役立つのではないかという見立てでした。

研修当日の感想アンケートとして、以下のようなお声を頂きましたが、
研修後の懇親会では「この研修は、組合幹部の人たちにもぜひやってみてほしい」
という声が挙がったそうです。

こういったお声のおかげで次のリピート発注に繋がっていきました。

<参加者の感想>

・レゴのワークショップでは話すつもりのなかったことまで
つい話している自分がいました。
また、初めて会ったみなさんともいろいろお話することができ、
レゴのようなツールを介在させるとコミュニケーションがスムーズになると思いました。

・あっという間の1日で、楽しく研修をうけることができた。
コーチングについては、非常に興味深く、もっと詳しく聞きたかった。
LEGO研修については、グループ内の他者の意見や考えをじっくり聞くことができて、
今まで気づかなかった一面も発見でき、良い機会であった。
自分だけでは発想できない観点から考えている人もいて、
物の見方の違いや広さに感心することが多かった。

・相談者等の対応時に、接し方によって、相手がいかに話しやすく、
自分の思いや気持ちを打ち明けられるようになるか!またこちらも、
相手から導き出すことが出来るか!席の位置や相槌の仕方、
また、受け止め、受け入れる姿勢での対応の必要性に気づかされました。

 

 

2.「受け身の組合活動から、変革のうねりを起せないだろうか?」

 

 

 

 

 

 

レゴ®シリアスプレイ®はご紹介やリピート発注がとても多いのですが、
年度内で2度目の発注を頂き、正直驚きました。

しかも、それは100人規模かつ重要な位置づけの研修

参加者は、組合活動専従の執行部の方と、
普段通常業務を行いながら時間外で組合活動を行い、各職場を取りまとめるリーダー層の方々。

デンソー労働組合様が抱えている課題として、
「自動車業界全体が大きな変革期に入っている中で、
働く従業員自身が変革のうねりを起していかなければ、
自分たちの会社の競争力を保つことはできない。一人ひとりの変革の意識を高めたい」
というお話を伺っていました。

一方で、従来研修では、
模造紙とポストイットで「組合活動のありたい姿」について議論を行う、
著名人の講演を聞く、というケースが多く、なかなか主体性を引き出すことは難しかったようです。

研修企画者の方からは、
「参加者の方々に、組合活動に参画する意義を感じ、意識を高めてほしいものの、
どうしても受け身の方が多い。じぶんゴト化して、前のめりになってもらうことは出来ないだろうか」
というご相談を頂いていました。

研修を成功させ、ご期待に応えるためには、『参加者のスイッチはどこか?』を
出来る限り見立てて、研修プログラムを組み立てることが重要です。

企業風土、働く方の雰囲気・大事にしていること、そういった要素を洗い出し、
参加者を思い描く中で、どういったアプローチが最適化を考えます。

この研修では、最終的に「会社に対する誇り」と
「次世代にバトンをつなぐ」をキーワードに設定しました。

特に「「次世代にバトンをつなぐ」については、部下・後輩育成に熱心に社風に加え、
「他人のためならば、人一倍頑張れる」気風の社員の方が多いという見立てによるものです。

これらは研修企画担当者の方と打ち合わせを重ねながら見いだし、
そして実際のプログラムでどのようなワークを行うか具体化していきました。

また、「べき論」や「正論」「大上段からの問いかけ」を控えて
参加者がじぶんゴト化できる発問を用意し、
みなさんが前のめりになって取り組める内容を目指しました。

当日は、半日研修。
大規模となるため、ファシリテーターは2名で対応しました。

参加者は工場の現場経験が長い方から、
本社のエンジニアの方まで、多種多様。
ただ一様に、当初「レゴ?」という表情でした。

しかし、研修が始まると皆さん前のめりになって
楽しそうにレゴを用いて議論を行い、白熱した様子。

年齢層は高めでしたが、みなさん夢中で
取り組んで下さいました。

<参加者の感想>

・もう少し時間をかけてしっかり吸収したい。会社内仲間に広げたいと思う内容でした

・形に表せとよく言われるが、レゴで見せるとまた違う見え方が有ると感じた。

・今までにない内容で楽しく出来た。※自己の考え方にプラスできる内容だった

・今までにない、頭を使った研修で非常に良かった。見た目と人の考えは色々とあり、言葉ではあらわせない物が出せた。

 

残念ながら、アンケート評価を低くつけられた方も
いらっしゃったのですが、よくよく見るとなんと、

「研修の時間が足りなかった(=もっと長くじっくり研修に取り組みたかった)」

といったお声でした。

私たちからすると、ある種「最高評価」ともいえる内容で、大変有難く感じました。

その後の懇親会でも「過去一番良い組合研修だった」という声が多数出たというお話を頂き、
お役に立ててとても安堵しました。

変革や新風を巻き起こそうと思ったとき、
何かわかりやすく姿勢が伝わるといいですし、
関係者を巻き込めたら最高だと思います。

レゴ®シリアスプレイ®をもちいた組合研修ならば、
どうしてもメンバーと距離感が縮めらず
悩んでいる中核メンバーの方々に、きっと貢献できると考えます。

今回の事例でも、「組合執行部自身が新しい取り組みにチャレンジし、変わろうとしている」
という姿勢をレゴ®シリアスプレイ®の導入によって、体現できたのではないかと考えています。

レゴ®シリアスプレイ®研修事例【MONET Technologies㈱様】

本日は、ソフトバンクとトヨタの共同出資会社MONET Technologies㈱様主催の
イベントにてレゴ®シリアスプレイ®メソッドを用いたワークショップを開催し、
ご好評いただいた事例をご紹介いたします。

 

■イベント概要

日時:2019年7月24日
場所:we work 神保町
参加者:モビリティ領域の革新を目指す企業間連携組織
「MONETコンソーシアム」参加企業の役員・社員の方々
参加者数:約50名

 

■お仕事の経緯

過去、wework 神保町で行った別のレゴ®シリアスプレイ®ワークショップに
MONET Technologies㈱のご担当者の方が参加して下さり、
そこからのご縁でご依頼を頂きました。

弊社の場合、口コミやご紹介でお仕事が拡がっていくことが多いのですが
参加者の皆様にご満足頂き、「ぜひ紹介したい」「うちでやりたい」と
ご縁が繋がっていく仕事を目指しております。

当件もそのような形でご依頼を頂き、とても嬉しく感じました。

↓最初にwework 神保町で行ったワークショップの様子(少人数開催)。

 

■MONET Technologies㈱様からのご要望

最初に、「MONETコンソーシアム参加企業同士のビジネスマッチングをはかるために
ただのネットワーキング(異業種交流会)ではなく、何か工夫を加えたイベントにしたい」
というお話を頂きました。

「それなら絶対にレゴ®シリアスプレイ®で、お役に立てるはず!」
と我々も意気込んだものの・・・、
その後に伺った諸条件がなかなかチャレンジャブルな内容で
内心、少し気後れしたことを覚えています。笑

いくつか差し障りのない内容を挙げると次の通りです。

・ワークショップの時間は合計70分くらい
・参加者は全員初対面。企業の役員から一般社員まで各社1名ずつ参加。
・参加者数は約50名。会場に全員入りきらないため、サテライト会場も設ける

特に、50人と言う人数規模に対して時間の制約が厳しく、これではどこまで
レゴ®シリアスプレイ®の効果を発揮できるか不安もありました。

実際に通常であれば、お断りも検討する内容だったのですが、
私自身が自動車業界出身でその恩返しもしたかったですし、

今回のイベントは、7-9月に全6回開催するイベントのうちの1つであり
我々以外の日程では、広告代理店のD社やGAFAのA社、
外資総合コンサルのA社がゲストスピーカーを務めるとのこと。

いずれも名だたるグローバル企業。

各イベントの効果検証を役員会に報告していく決まりの中で
我々を選んでくださった担当者様のご期待に応えたい、
そんな想いも湧き、研修設計に入りました。

■実際の取り組み

上記の通り、通常のワークショップに比べて難易度が高い案件でしたが
担当者の方々も数回にわたる事前打ち合わせを組んで下さり、
活発な意見交換をしながら、プログラム設計を行っていきました。

やはり問題になったのは、『時間の制約』でした。

打ち合わせの中で定めたワークショップの目的・ゴールに対し、
やはり70分では、到達が難しいと感じられたのです。

参加者同士初対面の中で、アイスブレイクから
レゴのスキルビルディングまで、どんなにスピーディーに進めても
時間内に収めて、参加者満足度を高めることは難しい。

そんな中で、弊社から提案させて頂いた解決案は、
レゴの作品説明やレゴを通じた意見交換を
ネットワーキング(異業種交流)の時間に組み込んでしまう、と言う案です。

MONET Technologies㈱様としては、当初、参加者同士の交流のため
ネットワーキングは1時間確保したいというご意向も強くありました。
しかし、「レゴ作品があることで、むしろ何もないより話が盛り上がる」という
我々の見立てに賛同して下さり、この案が採用となりました。

会場の問題等についても、かなり手厚くスタッフを配置し、
認定ファシリテーターも2名体制するなどして、臨むことにしました。

 

■当日

平日夕方開催のため、想定通り遅刻してくる方もいらっしゃる中、
段取り通りスタッフが誘導を実施。

アイスブレイク、スキルビルディング、個人作品作成・・・

すべて時間通りに進み、
「このグループメンバーで作る、ワクワクするモビリティ社会」
という共有モデルを完成させ、大盛り上がりの中、
発表とネットワーキングの時間へ移行。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが、MONET Technologies㈱様というべき、
小型カメラを用いて大画面投影で作品説明を聴きながらの、
ビールを片手に談笑。

おかげさまで、狙い通りに
レゴの作品説明やレゴを通じた
ネットワーキングは大成功となりました。

↓小型カメラを用いた発表風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■成果

無事当日を終え、MONET Technologies㈱様と
振り返りMTGを実施したところ、
「他のイベント比較した中でも暫定1位の参加者評価」
との共有頂きました。

我々としても非常に難易度の高い案件でしたが
限界を定めず、挑戦してみるとブレイクスルーも
多いことを改めて再認識ました。笑

何より、お声がけ頂いたご担当者の方、
参加して下さった皆様に満足頂けるサービスを
ご提供できたことが何よりの成果と感じております。

今回のような、異業種交流会のようなイベントでも
短時間で参加者の交流を促進し、成果最大化を図るには、
レゴ®シリアスプレイ®はとても有効だと再認識しました。

■参加者の声

昨日はワークショップに参加させていただき、ありがとうございました。
LSPを通すことで、各人の立場や属性にとらわれず、対話式の
ワークショップでは得られない新たな気付きが得られました。
参加者全員が当事者意識をしっかり持てていると感じました。
是非、弊社部内にも本ワークショップ内容を展開したいと考えております。
(メーカー 30代男性)

今まで体験したことのないワークショップでしたので、
大変楽しくもあり、勉強になりました。
弊社総務部門に本ワークショップを受けたことを伝えておきました。
もしかすると連絡がいくかもしれません。
その際はご対応頂ければ幸甚です。
(リース会社 40代男性)

レゴ®シリアスプレイ®研修事例【保育士・保育園向け】

昨年、職員研修に熱心に取り組む保育事業者様より、
レゴ®シリアスプレイ®の保育園研修をご依頼頂き、
全13カ所にて研修を実施しました。

本日は、保育園・保育士向けにレゴ®シリアスプレイ®を
行った背景・目的と内容や効果についてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

■レゴ®シリアスプレイ®研修導入の背景・経緯

「保育園落ちた、日本死ね」から火がついた待機児童問題。
急いで施設数を増やすも、働き手となる保育士が不足してしまい、
東京都の効求人倍率は6.44倍(※1)に達しました。

新規採用が困難な状況に加え、「辞めても数日後には次の職場で働ける」
という状況が離職率を押し上げています。

実際、私も2人の子供をなんとか別々の保育園に預けることが出来たものの、
子どもが懐いていた保育士さんが毎年辞めて入れ替わっていく状況を経験中であり、
保育園や保育士の「違い」も色々感じることがあって、とても身近な問題でした。

もともと、美容師と並び離職率の高さが問題視されていた保育士ですが、
マスコミが煽り立て、世間の注目を集めた結果、
保育士の年収や労働条件の見直しが進んでいます。

しかし、本当に賃金や労働条件を見直しただけで
離職率は下がるのでしょうか?

東京都がまとめた保育士実態調査概要(※2)では、
以下のような調査結果が報告されています。

 

 

 

 

 

これ、かなり興味深い資料だと思うのです。

左表は就業中の方が「辞めたいなぁ」と思う理由の順番。
右表は、実際に辞めた方が「辞めた理由」として挙げている項目の順番。

マスコミは「給料が安い」「仕事量が多い」という点を騒ぎ立てるのですが、
離職の最大の理由はそれら2つではなく、『職場の人間関係』だったのです。

ただ行政も、給料や仕事量、労働時間は、保育業界共通の課題と
捉えて対処できるものの、『職場の人間関係』は、
職場ごとの個別課題となり手が打てません。

それゆえに「給料や仕事量」ばかりに議論が集中しているのではないでしょうか。

「給料や仕事量」の改善も当然必要です。
ですが、問題はそれだけでは解決しないということなんです。
この世の中には、給料が高くても離職率の高い企業が多数存在することがその証明でしょう。

今回、この点に着目した、保育事業・保育園運営事業を
展開する企業様とレゴ®シリアスプレイ®研修を実施することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

■保育園毎に課題が異なるから、すべてカスタマイズ研修

今回同じ事業者様で13カ所を回ることになりましたが、課題は園毎に様々。
それゆえに、標準プログラムを作って紋切り型の研修を
繰り返し行うわけにもいきません。

研修担当者の方にお願いし、参加者事前アンケートを実施・集計して、
各園の様子や課題感を掴み、仮説を立て、最後に園長先生と相談したうえで
研修の目的と方向性を定めて、研修を実施しました。

ここまでの準備をしたところで、仮説や予想が少し外れてしまうこともあります。
しかし、それは当研修がLIVEであり、参加者主体だからこそ。

「その場で、何が出てくるからかわからい」という
レゴ®シリアスプレイ®研修ならではの魅力でもあります。

大事なことは型通り実施するのではなく、目的に沿って効果を最大化すること。

だから当日の参加者のみなさんの様子を見ながら、
その場で用意してきたプログラムを捨て、柔軟に変更を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

■多くの保育士さんが驚いた理由は、「教わる研修じゃない」からでした。

世間にはあまり認知されていないかもしれませんが、
保育士の方々には年間研修受講日数が定められており、
研修を受ける機会が多くあります。

その多くが知識習得型のいわゆる「教わる研修」です。

しかし、このレゴ®シリアスプレイ®研修・ワークショップでは、
基本的に知識をお伝えすることはありません。

「それぞれの価値観・考え方の違いを知る」
「自分たちで課題を考え、ありたい姿を描く」ということを、
参加者自身に取り組んで頂く機会にしています。

時には、「目の前の問題を解決する具体的な方法を教えてほしい」という声も頂きます。
いますぐ患部に手当てしてほしい、というのが皆さんの本音かと思います。

ただ、例えば肩凝り腰痛を解消しようと患部をもみほぐしても
気休めにしかならない事も多くあります。

なぜならば痛みの原因が骨盤のゆがみだったり、
他に原因があったりするからです。

本気で治癒しようとすると、まずは原因の探求から始めなければなりません。
そして継続アプローチが必須となります。

また、誰かに明示してもらわないと答えに辿り着けないようでは、
またすぐに壁にぶつかります。

まずは、「一人一人が互いを認めあい、一緒に考える」
という組織風土をつくり、そこから方法・手法をのせていく・・・。

そして、常に課題を乗り越えていくチームを作る。

そんなアプローチを大切にしています。

残念ながら、たった3時間の研修・ワークショップでは、
どうしても出来る事や到達点は限られています。

だからこそ、目的やゴールを明確にして、時には絞り込んで、
“これだけは参加者のみなさんの中に残るように”
とプログラムを設計します。

知識やスキルを伝える一般的な研修とは異なり、
沢山考え、仲間と共有し、また考える、そんな時間にします。

場合によっては、「問い」が残り続けて、
参加者にとって、スッキリしない場合もあります。
でも、繰り返しますが、答えを与える研修ではないのです。

「もっと良い保育を目指すにはどうしたら良いだろうか?」
「チームワークを高めるためにはどんな貢献が出来るだろうか?」
簡単には答えの出ないもの。時々で答えが変わるもの。
でも考え続ける価値のある「問い」が参加者の皆さんに残るといいなと考えています。

 

■実際のワーク事例:『たった3部品の作品でも、絆を深め、参加者号泣。』

ある保育園の研修では、
「普段なかなか伝えることのない想いやメッセージを、作品を通じて伝え合う」、
そして「お互いを認め合う」ことを目的・ゴールに、
お互いをLEGO作品で表現しあうワークを行いました。

 

 

 

 

 

 

なかには、写真ように3つのブロックだけで
同僚の方の性格、苦労、頑張りを表現されていた方もいました。

信じられるでしょうか?

たった3つのLEGOブロックで、
同僚の人柄や努力、苦労、悩みをすべて伝えきり、
例えられた本人は感極まって号泣していました。

3部品でも愛情あふれた作品が出来、
普段なかなか伝えられないことが伝えられる、
まさにレゴ®シリアスプレイ®研修の魅力そのものでした。

他人がレゴで自分を表現してくれる、
それを見て「誰かがちゃんと見てくれている、認めてくれている」
そんなことを実感するだけで、職場やチームの見え方も
変わってくるのではないかと思います。

また、ある保育園では、共通ビジョンが必要だということになり、
それぞれの個人作品を組み合わせて、理想の職場像をブロック作品で表現。

・・・とそこで終わらず、
「それを実現させるためには?」ということで
グイグイ質問をしながら、問いかけていきました。

こういった場面で、コーチングのスキル・知識を存分に発揮させ、
参加者の思考を深め、ワークショップの効果を高めます。

ある保育園では、「お互いの意見や考えを受け止める」、
また違う保育園では「話し合いの機会を増やす」という目標が
ボトムアップで決まりました。

結論はありきたりに見えても、そこに至るプロセスで、
メンバー全員参加で一人一人が作品作りを通じて考え、
議論を行ったため、納得感が高まります。