ホーム

タグ: 保育園

レゴ®シリアスプレイ®研修事例【保育士・保育園向け】

昨年、職員研修に熱心に取り組む保育事業者様より、レゴ®シリアスプレイ®の保育園研修をご依頼頂き、全13カ所にて研修を実施しました。本日は、保育園・保育士向けにレゴ®シリアスプレイ®を行った背景・目的と内容や効果についてご紹介します。

~ちょっとしたご質問お問い合わせも随時受付中。研修の企画に悩んだ気軽にご相談ください~

保育園幼稚園研修、保育士研修レゴ®シリアスプレイ®離職対策
保育園幼稚園研修、保育士研修レゴ®シリアスプレイ®離職対策

 

 

 

 

 

 

 

■レゴ®シリアスプレイ®研修導入の背景・経緯

「保育園落ちた、日本死ね」から火がついた待機児童問題。急いで施設数を増やすも、働き手となる保育士が不足してしまい、
東京都の効求人倍率は6.44倍(※1)に達しました。新規採用が困難な状況に加え、「辞めても数日後には次の職場で働ける」という状況が離職率を押し上げています。実際、私も2人の子供をなんとか別々の保育園に預けることが出来たものの、子どもが懐いていた保育士さんが毎年辞めて入れ替わっていく状況を経験中であり、保育園や保育士の「違い」も色々感じることがあって、とても身近な問題でした。

もともと、美容師と並び離職率の高さが問題視されていた保育士ですが、マスコミが煽り立て、世間の注目を集めた結果、保育士の年収や労働条件の見直しが進んでいます。しかし、本当に賃金や労働条件を見直しただけで離職率は下がるのでしょうか?東京都がまとめた保育士実態調査概要(※2)では、以下のような調査結果が報告されています。

~ちょっとしたご質問お問い合わせも随時受付中。研修の企画に悩んだ気軽にご相談ください~

 

保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®
保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®

 

 

 

 

これ、かなり興味深い資料だと思うのです。左表は就業中の方が「辞めたいなぁ」と思う理由の順番。右表は、実際に辞めた方が「辞めた理由」として挙げている項目の順番。マスコミは「給料が安い」「仕事量が多い」という点を騒ぎ立てるのですが、離職の最大の理由はそれら2つではなく、『職場の人間関係』だったのです。ただ行政も、給料や仕事量、労働時間は、保育業界共通の課題と捉えて対処できるものの、『職場の人間関係』は、職場ごとの個別課題となり手が打てません。

それゆえに「給料や仕事量」ばかりに議論が集中しているのではないでしょうか。「給料や仕事量」の改善も当然必要です。ですが、問題はそれだけでは解決しないということなんです。この世の中には、給料が高くても離職率の高い企業が多数存在することがその証明でしょう。今回、この点に着目した、保育事業・保育園運営事業を展開する企業様とレゴ®シリアスプレイ®研修を実施することになりました。

保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®
保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®

 

 

 

 

~ちょっとしたご質問お問い合わせも随時受付中。研修の企画に悩んだ気軽にご相談ください~

 

■保育園毎に課題が異なるから、すべてカスタマイズ研修

今回同じ事業者様で13カ所を回ることになりましたが、課題は園毎に様々。それゆえに、標準プログラムを作って紋切り型の研修を繰り返し行うわけにもいきません。研修担当者の方にお願いし、参加者事前アンケートを実施・集計して、各園の様子や課題感を掴み、仮説を立て、最後に園長先生と相談したうえで研修の目的と方向性を定めて、研修を実施しました。ここまでの準備をしたところで、仮説や予想が少し外れてしまうこともあります。しかし、それは当研修がLIVEであり、参加者主体だからこそ。「その場で、何が出てくるからかわからい」というレゴ®シリアスプレイ®研修ならではの魅力でもあります。

大事なことは型通り実施するのではなく、目的に沿って効果を最大化すること。だから当日の参加者のみなさんの様子を見ながら、その場で用意してきたプログラムを捨て、柔軟に変更を行います。

保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®
保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®

 

 

 

 

 

 

 

 

~ちょっとしたご質問お問い合わせも随時受付中。研修の企画に悩んだ気軽にご相談ください~

■多くの保育士さんが驚いた理由は、「教わる研修じゃない」からでした。

世間にはあまり認知されていないかもしれませんが、保育士の方々には年間研修受講日数が定められており、研修を受ける機会が多くあります。その多くが知識習得型のいわゆる「教わる研修」です。しかし、このレゴ®シリアスプレイ®研修・ワークショップでは、基本的に知識をお伝えすることはありません。「それぞれの価値観・考え方の違いを知る」「自分たちで課題を考え、ありたい姿を描く」ということを、参加者自身に取り組んで頂く機会にしています。時には、「目の前の問題を解決する具体的な方法を教えてほしい」という声も頂きます。いますぐ患部に手当てしてほしい、というのが皆さんの本音かと思います。ただ、例えば肩凝り腰痛を解消しようと患部をもみほぐしても気休めにしかならない事も多くあります。なぜならば痛みの原因が骨盤のゆがみだったり、他に原因があったりするからです。

本気で治癒しようとすると、まずは原因の探求から始めなければなりません。そして継続アプローチが必須となります。また、誰かに明示してもらわないと答えに辿り着けないようでは、またすぐに壁にぶつかります。まずは、「一人一人が互いを認めあい、一緒に考える」という組織風土をつくり、そこから方法・手法をのせていく・・・。そして、常に課題を乗り越えていくチームを作る。そんなアプローチを大切にしています。残念ながら、たった3時間の研修・ワークショップでは、どうしても出来る事や到達点は限られています。だからこそ、目的やゴールを明確にして、時には絞り込んで、“これだけは参加者のみなさんの中に残るように”とプログラムを設計します。

知識やスキルを伝える一般的な研修とは異なり、沢山考え、仲間と共有し、また考える、そんな時間にします。場合によっては、「問い」が残り続けて、参加者にとって、スッキリしない場合もあります。でも、繰り返しますが、答えを与える研修ではないのです。「もっと良い保育を目指すにはどうしたら良いだろうか?」「チームワークを高めるためにはどんな貢献が出来るだろうか?」簡単には答えの出ないもの。時々で答えが変わるもの。でも考え続ける価値のある「問い」が参加者の皆さんに残るといいなと考えています。

 

■実際のワーク事例:『たった3部品の作品でも、絆を深め、参加者号泣。』

ある保育園の研修では、「普段なかなか伝えることのない想いやメッセージを、作品を通じて伝え合う」、そして「お互いを認め合う」ことを目的・ゴールに、お互いをLEGO作品で表現しあうワークを行いました。

保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®
保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®

 

 

 

 

 

 

なかには、写真ように3つのブロックだけで同僚の方の性格、苦労、頑張りを表現されていた方もいました。信じられるでしょうか?たった3つのLEGOブロックで、同僚の人柄や努力、苦労、悩みをすべて伝えきり、例えられた本人は感極まって号泣していました。3部品でも愛情あふれた作品が出来、普段なかなか伝えられないことが伝えられる、まさにレゴ®シリアスプレイ®研修の魅力そのものでした。他人がレゴで自分を表現してくれる、それを見て「誰かがちゃんと見てくれている、認めてくれている」そんなことを実感するだけで、職場やチームの見え方も変わってくるのではないかと思います。

また、ある保育園では、共通ビジョンが必要だということになり、それぞれの個人作品を組み合わせて、理想の職場像をブロック作品で表現。・・・とそこで終わらず、「それを実現させるためには?」ということでグイグイ質問をしながら、問いかけていきました。こういった場面で、コーチングのスキル・知識を存分に発揮させ、参加者の思考を深め、ワークショップの効果を高めます。ある保育園では、「お互いの意見や考えを受け止める」、また違う保育園では「話し合いの機会を増やす」という目標がボトムアップで決まりました。結論はありきたりに見えても、そこに至るプロセスで、メンバー全員参加で一人一人が作品作りを通じて考え、議論を行ったため、納得感が高まります。

保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®
保育士離職防止研修レゴ®シリアスプレイ®

 

 

 

 

 

~ちょっとしたご質問お問い合わせも随時受付中。研修の企画に悩んだ気軽にご相談ください~

 

レゴ®シリアスプレイ®で起きた奇跡

上司:
「そんなに素晴らしいことを考えているのなら、
 なぜ、今まで何も教えてくれなかったのか?」

アシスタントスタッフ:
「だって今まで一度も聞かれたことが無かったでしょう?」

 

・レゴ®シリアスプレイ®のワークショップが
 なぜ、チームビルディングに有効か?

・どれくらい、ひとの人生に影響を及ぼすのか?

 

その一つの答えが、偶然にも、
このメソッドの開発過程の中で生まれたエピソードとして
語り継がれています。

本日は、公式本にも記載されているシャノン・ペインターさんの
お話をご紹介させて頂きます。

シャノンさんは、ワークショップ開発チームの
オフィスサポート業務を担当していた女性社員でした。

ある日、彼女が参加していた スタッフミーティングで突然、
開発中のレゴシリアスプレイをいますぐテストしようという
話になりました。

各メンバーにレゴプロックが手渡されて、
「このチームはどんなチームなのか?」というお題で、
このチームのアイデンティティを各自で作ることに・・・。

シャノンさんは内心、パニック状態。

何を作ればよいのか、何を語ればよいのか
まったく思いつかない。

でも、やれと言われたらやるしかない。

とにかくプロックに手を伸ばして何かを作り始めるように言われて、
手に任せて形を作ってみた。

作品を作った後は、その場にいる全員が自分の作品について
順番に一人ずつ発表。

シャノンさんは、そのとき、
逃げ出したい気持ちいっぱい。

さて、研修企画担当のみなさん。
シャノンさんがなぜ逃げ出したい気持ちだったか、
想像できますか?

シャノンさんは当時を振り返ってこう語っています。

「チームのアイデンティティについて考えなさいといわれても、
どちらかといえば単純作業のオフィスサポート要員だった私には
博士号や修士号を持った周囲の開発メンバーと自分を比べて
この人たちと一体何か共通のことはあるのかしら?
とチームについて話すなんておこがましいと感じていました」

シャノンさんは、この場に限らず、
常に「自分なんておこがましい」という気持ちで
発言を控えてきたサポートスタッフ。

ところが・・・、

シャノンさんはレゴのチカラを借りて
各メンバーがそれそれの能力を発揮しながら
輝き続けているチーム像について雄弁に語りました。

彼女は、星をメタファーにした作品を作り、
チームの素晴らしさ、メンバーの異なる個性や能力、
目標の素晴らしさについて
レゴブロックの色やカタチを用いて伝えたそうです。

<イメージ画像>

 

 

 

 

 

実は、このプロジェクトのチームメンバーは
博士号や修士号を持った優秀の集まりだったものの、
とちらかといえば個人の成果に関心が高く
チームワークや仲間について考えることは少ない傾向にありました。

 

そんな中で、シャノンさんは初めて、
メンバー一人ひとりへの深い理解と関心を
直接、全員に伝えたのです。

そして、なんと、
今度はチームメンバーからシャノンさんへ
普段、一人ひとりにきめ細かいサポートや気配りを
してくれていることへ感謝が伝えられました。

シャノンさんはメンバーが自分の仕事を
こんなにも感謝されていると初めて知りました。

 

そう、アメリカ人ですら、
内気で立場を気にして意見が言えない人がいるのです。
きっと日本人ならなおさら・・・。

また、感謝の気持ちなど、大事なことは
普段なかなか共有されずにいます。

退職当日にはじめて日頃の感謝を伝えられて
「これなら辞めなければよかった」と
感じる方も少なくありません。

レゴ®シリアスプレイ®開発者のロバートは、
当時そのトライアルの場でハッとしたそうです。

例えば、
「どうしたらチームでもっと生産性を上げて
素晴らしい製品の開発ができるか」をテーマに
チームメンバーが話し合っている時、
シャノンさんもアイディアを考え、自分の意見を持っていた。

でも、彼女はいつも黙っていた。

それは彼女の内気な性格もあるし、学歴や専門性について
常に引け目を感じていることも理由でした。

そう、シャノンさんに限らず、
このような環境下で臆してしまう人は多いし、
緊張感が高ければ、他のメンバーの顔を見て自信を持って
自分の意見を伝えることはなかなか難しいのです。

しかし、レゴ®シリアスプレイ®を試したら、
シャノンさんの驚くべき洞察や日頃思考していることを
自然な形でとても簡単に全員と共有することができた。

このインパクトはチームにとっても、
彼女自身にとってもとても大きなものになりました。

それぞれについて
アフターストーリーを見ていきましょう。

<チームへの影響>

このトライアル後、プロジェクトチームのメンバーは
お互いの想いや考え方についても、
意識を向けることで、チームワークが高まりました。

それまでは個人の成果ばかり気にしていましたが、

「どんなことにこだわりを持っているのか?」
「何を大切にしているのか? 」

その人の行動の源泉となる考え方や価値観についても
意識を向けることで、お互いのチカラを引き出し合い、
チームの雰囲気も生産性も大きく向上しました。

<シャノンさん自身への影響>

なんとシャノンさん個人も
この実験をきっかけに大きな変化が生まれました。

「このトライアルで、皆が興奮しながら私のことを称賛してくれました。
それから私は、 いつでもこの実験のことを思い出しながら
自分の居心地のいい状態から、少しだけ無理して自分を押し出すようになりました。
たった1つの出来事が私のその後を大きく変えたのです」

以前の彼女はずっと、チーム内での相互理解を促進すれば
このチームはもっといい仕事ができる、と思っていたものの
それを伝えられずにいました。
しかし、レゴ®シリアスプレイ®を通じて、
自分が勇気をもって発言することで大好きなこのチームに
大きく貢献できるかもしれないと自信を持てたのです。

自分は人に関心が高いという実感も得ました。

そして数年後、キャリア上の岐路に立ち、
彼女は、人事部での仕事に挑戦することを決意します。

彼女にとって人事業務は、未知の領域。
この判断は大きな賭け。

しかし、変わり始めた彼女は自分自身の未来に責任を持って、
自分が本当に大切にしたいこと、興味のあることで
未来を切り拓いていくんだという覚悟をしました。

その後、2008年に人事部でマネージャーに昇進。
社内のあらゆる組織で社員のパフォーマンス改善を推進する仕事に
夢中で取り組み、その後、社内の新しい組織でシニアマネージャーとなりました。

「あのたった1回のレゴシリアスプレイメソッドを
使った会議が私のキャリアを変えたのです。」

と彼女は言います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

このようにレゴ®シリアスプレイ®は
チームにも個人にも大きな変化やキッカケを与えます。

実は、私自身もレゴ®シリアスプレイ®によって
キャリアチェンジのキッカケを掴んだ一人です。

また次の機会に、今度は私のストーリーをご紹介します。