ホーム

タグ: 職場研修

レゴ®シリアスプレイ®研修事例【MONET Technologies㈱様】

本日は、ソフトバンクとトヨタの共同出資会社MONET Technologies㈱様主催のイベントにてレゴ®シリアスプレイ®メソッドを用いたワークショップを開催し、ご好評いただいた事例をご紹介いたします。

ブログでも概要講師の選び方専用キット料金について記載しておりますが、実際に動画でも雰囲気を掴んで頂けたらと思います。もしご興味を持って頂けたら、お気軽にお見積りやオンライン体験のお申込みをよろしくお願い致します。お見積りやお問い合わせはコチラ

■イベント概要

日時:2019年7月24日
場所:we work 神保町
参加者:モビリティ領域の革新を目指す企業間連携組織
「MONETコンソーシアム」参加企業の役員・社員の方々
参加者数:約50名

■お仕事の経緯

過去、wework 神保町で行った別のレゴ®シリアスプレイ®ワークショップにMONET Technologies㈱のご担当者の方が参加して下さり、そこからのご縁でご依頼を頂きました。弊社の場合、口コミやご紹介でお仕事が拡がっていくことが多いのですが参加者の皆様にご満足頂き、「ぜひ紹介したい」「うちでやりたい」とご縁が繋がっていく仕事を目指しております。当件もそのような形でご依頼を頂き、とても嬉しく感じました。

レゴ®シリアスプレイ®@Wework
レゴ®シリアスプレイ®@Wework

↑最初にwework 神保町で行ったワークショップの様子(少人数開催)。

ブログでも概要講師の選び方専用キット料金について記載しておりますが、実際に動画でも雰囲気を掴んで頂けたらと思います。もしご興味を持って頂けたら、お気軽にお見積りやオンライン体験のお申込みをよろしくお願い致します。お見積りやお問い合わせはコチラ

■MONET Technologies㈱様からのご要望

最初に、「MONETコンソーシアム参加企業同士のビジネスマッチングをはかるためにただのネットワーキング(異業種交流会)ではなく、何か工夫を加えたイベントにしたい」というお話を頂きました。「それなら絶対にレゴ®シリアスプレイ®で、お役に立てるはず!」と我々も意気込んだものの・・・、その後に伺った諸条件がなかなかチャレンジャブルな内容で、途中のプロセスで少し気後れしたことを覚えています。笑

いくつか差し障りのない内容を挙げると次の通りです。
・ワークショップの時間は合計70分くらい
・参加者は全員初対面。企業の役員から一般社員まで各社1名ずつ参加。
・参加者数は約50名。会場に全員入りきらないため、サテライト会場も設ける

特に、50人と言う人数規模に対して時間の制約が厳しく、これではどこまでレゴ®シリアスプレイ®の効果を発揮できるか不安もありました。実際に通常であれば、お断りも検討する内容だったのですが、私自身が自動車業界出身でその恩返しもしたかったですし、今回のイベントは、7-9月に全6回開催するイベントのうちの1つであり、我々以外の日程では、広告代理店のD社やGAFAのA社、外資総合コンサルのA社がゲストスピーカーを務めるとのこと。

いずれも名だたるグローバル企業。各イベントの効果検証を役員会に報告していく決まりの中で我々を選んでくださった担当者様のご期待に応えたい、そんな想いも湧き、研修設計に入りました。

ブログでも概要講師の選び方専用キット料金について記載しておりますが、実際に動画でも雰囲気を掴んで頂けたらと思います。もしご興味を持って頂けたら、お気軽にお見積りやオンライン体験のお申込みをよろしくお願い致します。お見積りやお問い合わせはコチラ

■実際の取り組み

上記の通り、通常のワークショップに比べて難易度が高い案件でしたが、担当者の方々も数回にわたる事前打ち合わせを組んで下さり、活発な意見交換をしながら、プログラム設計を行っていきました。やはり問題になったのは、『時間の制約』でした。打ち合わせの中で定めたワークショップの目的・ゴールに対し、やはり70分では、到達が難しいと感じられたのです。

参加者同士初対面の中で、アイスブレイクから、レゴのスキルビルディングまで、どんなにスピーディーに進めても、時間内に収めて、参加者満足度を高めることは難しい。そんな中で、弊社から提案させて頂いた解決案は、レゴの作品説明やレゴを通じた意見交換をネットワーキング(異業種交流)の時間に組み込んでしまう、と言う案です。

MONET Technologies㈱様としては、当初、参加者同士の交流のため、ネットワーキングは1時間確保したいというご意向も強くありました。しかし、「レゴ作品があることで、むしろ何もないより話が盛り上がる」という我々の見立てに賛同して下さり、この案が採用となりました。会場の問題等についても、かなり手厚くスタッフを配置し、認定ファシリテーターも2名体制するなどして、臨むことにしました。

■当日

平日夕方開催のため、想定通り遅刻してくる方もいらっしゃる中、段取り通りスタッフが誘導を実施。

アイスブレイク、スキルビルディング、個人作品作成・・・

すべて時間通りに進み、「このグループメンバーで作る、ワクワクするモビリティ社会」という共有モデルを完成させ、大盛り上がりの中、発表とネットワーキングの時間へ移行。

トヨタ系イベント レゴ®シリアスプレイ®

トヨタ系イベント レゴ®シリアスプレイ®

トヨタ系イベント レゴ®シリアスプレイ®

トヨタ系イベント レゴ®シリアスプレイ®

さすが、MONET Technologies㈱様というべき、小型カメラを用いて大画面投影で作品説明を聴きながらの、ビールを片手に談笑。おかげさまで、狙い通りにレゴの作品説明やレゴを通じたネットワーキングは大成功となりました。

↓小型カメラを用いた発表風景
トヨタ系異業種交流会イベント レゴ®シリアスプレイ®

トヨタ系異業種交流会イベント レゴ®シリアスプレイ®

 

ブログでも概要講師の選び方専用キット料金について記載しておりますが、実際に動画でも雰囲気を掴んで頂けたらと思います。もしご興味を持って頂けたら、お気軽にお見積りやオンライン体験のお申込みをよろしくお願い致します。お見積りやお問い合わせはコチラ

■成果

無事当日を終え、MONET Technologies㈱様と振り返りMTGを実施したところ、「他のイベント比較した中でも暫定1位の参加者評価」との共有頂きました。我々としても非常に難易度の高い案件でしたが、限界を定めず、挑戦してみるとブレイクスルーも多いことを改めて再認識ました。何より、お声がけ頂いたご担当者の方、参加して下さった皆様に満足頂けるサービスをご提供できたことが何よりの成果と感じております。今回のような、異業種交流会のようなイベントでも短時間で参加者の交流を促進し、成果最大化を図るには、レゴ®シリアスプレイ®はとても有効だと再認識しました。

■参加者の声

昨日はワークショップに参加させていただき、ありがとうございました。LSPを通すことで、各人の立場や属性にとらわれず、対話式の
ワークショップでは得られない新たな気付きが得られました。参加者全員が当事者意識をしっかり持てていると感じました。是非、弊社部内にも本ワークショップ内容を展開したいと考えております。(メーカー 30代男性)

今まで体験したことのないワークショップでしたので、大変楽しくもあり、勉強になりました。弊社総務部門に本ワークショップを受けたことを伝えておきました。もしかすると連絡がいくかもしれません。その際はご対応頂ければ幸甚です。(リース会社 40代男性)

ブログでも概要講師の選び方専用キット料金について記載しておりますが、実際に動画でも雰囲気を掴んで頂けたらと思います。もしご興味を持って頂けたら、お気軽にお見積りやオンライン体験のお申込みをよろしくお願い致します。お見積りやお問い合わせはコチラ

ご紹介頂いています⇒MONETコンソーシアムHP

昨年レゴ®シリアスプレイ®を実施頂いた
MONET Technologies社さまの
コンソーシアム紹介ページにて大々的に
当日の様子をご紹介頂いております。

なんとHP上段のメニューバースペースも
レゴ®シリアスプレイ®の当日写真。

↓↓コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載元ページ:https://consortium.monet-technologies.com/events

 

 

当日のイベント詳細報告ページもとても素敵な感じです。
さすが、ソフトバンク×トヨタの出資会社ですね。

↓↓コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載ページ⇒https://consortium.monet-technologies.com/events/20190724_01

 

 

MONET Technologies社様では
コンソーシアム参加企業様向けに多くのイベントを開催されていますが、
「各企業の代表者が初対面でどれだけ親睦を深められるか?」
という課題に取り組んだのがこの試みでした。

一般的なグループディスカッションも効果的ですが、
更に参加者間の交流を促進するのが、レゴ®シリアスプレイ®です。

トヨタグループでは「ワイガヤ活動」というイベントもありますが
上記写真から、「ワイガヤ」感が伝わってきませんか?

おかげさまで、このイベントは大変な盛況でご好評を頂きました。

しかも終わってみて、想定外の効果が・・・。

 

それは・・・、まさに写真・ビジュアル効果!

 

MONET Technologies社様のHPのように、
レゴ®シリアスプレイ®の様子は『絵になる』のです。

 

・先進的な取り組みだな!
・面白いことをやってそうだな!
・イベントも工夫されていて企業姿勢が垣間見れるな!

 

そんなメッセージを広く発信することが出来ます。

当日参加者に好評頂くことはもちろんのこと、
参加者以外の方にも広く発信できる点が魅力と言えます。

レゴ®シリアスプレイ®研修@埼玉県さいたま市

先日、さいたま市が運営する財団が開催している
市内リーディング企業の次世代リーダー向け研修にて
「チームマネジメント」研修を行ってきました。

こちらの「チームマネジメント研修」では、
レゴシリアスプレイ×コーチングの内容を主軸に
研修構成を組んでいます。

本日、どんな研修を行っているか
その一端をご紹介します。

『まず、マネジメントについて改めて考えてみる』

マネジメントを「管理」と訳すこともありますが、
みなさんは「管理」からどのようなイメージが湧きますか?

多くの方がネガティブな印象を抱くようですが、
管理という言葉から、コントロールというイメージが湧くようです。

マネジメント=管理⇒コントロール?

・・・上記のような誤解を解消しながら、
マネジメントの本質に迫ります。

↑上記が、私自身の『管理』のイメージです。
みなさんはどんなイメージですか?

『レゴ®シリアスプレイ®の活用』

時折レゴを用いて、例えば参加者同士で
『理想のリーダー・上司』などをイメージして頂き、
意見交換していきます。

ただの議論、ポストイットやホワイトボードを
使った意見交換以上に、レゴを用いて、
ブロックを付けたり外したり、動かしたりしながら
イメージを共有していくことで共有がスムーズに進みます。

今回の参加者はモノづくり企業にお勤めの方々で、
物静かなエンジニアの方も多く、
普通の研修であればなかなか意見交換が盛り上がらない状況。

しかし、
レゴを用いて順番に発表することで、
参加者の心理的ハードルも下がり、
スムーズに意見を引き出すことができました。

少し場が温まって、お互いの距離感も縮まると
レゴを用いらない意見交換も活発になってきます。

『コーチングアプローチを学び、選択肢や対応力を拡げる』

講義では、ティーチングやトレーニング、
エンパワーメント(権限移譲)だけでなく、
コーチングというアプローチを知り、演習を多用し、
マネジメントの幅を拡げて頂く仕掛けです。

よくハリウッドのアクション映画で、
5分に一回アクションシーンや爆破シーンがあるとか、
観客を飽きさせない方法が織り込まれています。

弊社研修でも、ハリウッド映画のように
数分に一度のペースでグループワークや演習を多用し
『体験の中で学ぶ』機会を重視しています。

出来れば、理論紹介・解説⇒実践⇒振り返りではなく、
実践⇒振り返り&理論消化・解説⇒実践⇒振り返りといった
実践演習多用の流れを実現すべく、プログラムの工夫を図っています。

『もし、研修中眠くなったら、それは講師の責任。』

これが弊社の考え方です。

コーチングアプローチは、頭で理解できても
一朝一夕でマスター出来るほど、簡単ではありません。

それがゆえに、テクニックの紹介よりも
スタンスや姿勢の点検に力点を入れているのも
弊社の特徴と言えるでしょう。

なぜなら、スタンスや姿勢が整わなければ、
どんなテクニックやスキルも身につかないからです。

逆に言えば、あるべきスタンスや姿勢がイメージ出来、
そこに向けて研鑽を励めば、あとは自走できます。

テクニックやスキルの知識がなくても、
コーチングアプローチはできるのです。

参加者の声

・レゴを使って他の研修と一味も二味もちがう印象だった。
楽しかったが、終わってみると脳みそを使っていて、
結構頭が疲れた。

・効果的にレゴを用いることで、研修内容をビジュアル的に
思い出して振り返ることが出来て実践したくなる。
思考も深まるし、記憶にも定着しやすいんだなあと驚いた。

『研修後は個別コーチングフォロー』

研修後には個々人に個別フォローコーチングを行います。

これを実施する目的はいくつかあるのですが、
研修後の実践状況の把握や疑問解消、行動促進とともに
見本を体感して頂き、良いイメージ・理想像を持って
研鑽に励んで頂くことを大切にしています。

やりっ放しの研修から脱却し、研修後のフォローまでを
丁寧に実施することで、参加者の実践を最大限サポートします。